U-コンパスについて

このサイトでは「ストレングスファインダー」×「キャリア」として主に就職活動中のみなさまに向けたコンテンツをお届けしていきます。

  • 「いばらの道」を選ぶな
    これがストレングスファインダーの本(正確に言えばトム・ラス著『さあ、才能にめざめよう ストレングスファインダー2.0』)の第1行目です。
    そして、その後にはこうも続きます。

    ほとんどの学習プログラムが「本当のあなたではない人」になるための支援を目的としている

    つまり、私たちが「学校」という人生の大半を費やした場所で学んだものそのものが、たった2行で否定されてしまっています。
    なぜなのか?
    著作では、例としてあるラグビー少年が描かれています。彼は運動が苦手なのですが、強豪校のラグビー部に入部することを夢見て、一所懸命に練習をし、見事入学。4年間出場機会がなかったのですが、4年生最後の試合に出場し、見事点数を決めるのです。
    これは、いわゆる「アメリカンドリーム」と呼ばれ、日本でもこのような美談はよくテレビなどでも取り上げられています。
    しかし、ここで冷静になって考えて欲しいのです。
    確かに、彼は本当に4年間を通じて幸せだったのでしょうか?
    4年間出場できず、そもそも運動が苦手なのですから、苦手な練習を何十時間も重ねて、できた成果はたった数分の出場機会のみです。
    もし、彼に科学の才能があって、同じ4年間という時間を過ごしていたら、彼はもしかしたら歴史に残る科学者になっていたかもしれません。
    私たち日本人の教育でも同じことが行われていて、欠点をなるべくなくすことが正義であり、そのために苦手な数学や歴史を学んできたのではないでしょうか。
    初めから自分に何の才能があり、それを生かした学問・職業を選べば、「あなた」という商品価値は格段に跳ね上がることは間違いありません。
    しかし、いざ自分の好きなこと、得意なことを探していてもそんなに簡単に見つからないことは、書店の自己啓発本の種類の多さを見ればわかりますし、あなた自身も今わからずに苦労している最中ではないでしょうか。
    その答えを統計学的に教えてくれるのが「ストレングスファインダー」です。

  • 「ストレングスファインダー」とは?
    ストレングスファインダーとはアメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の魅力を発揮するという考え方に基づき開発したツールです。WEBサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。
    この質問を受けるためには書籍を購入するかウェブ上で177個の質問に答えていくことで自分の強みを知ることができます。
    書籍代も1800円+税ですので、よくわからない自己分析の本を多数買うことを考えれば、この1冊で就活に必要な自己分析と他己分析が一気にできることを考えたら、これ以上コスパのいいことはないと私は考えます。
  • 「ストレングスファインダー」を生かすためには
    ここまで読でくださったあなたは、もしかして本を買ってみようかな、なんて考えてくださっているかもしれません。
    ですが、残念ながら「ストレングスファインダー」を最大限生かすためには、この書籍を買うだけではダメなのです。
    私自身、テストを受けて自分の資質を出してみたところで思った第一印象は「それで?」です。
    ストレングスファインダーで出てくる資質は5つ(追加料金を払うと全34資質)あるのですが、その資質が単一で出てくることはありません。
    必ず資質の掛け合わせ(ダイナミクス)で出てきています。また、上位資質であればあるほど、自分では無意識にやっている行動が多いので、気付きにくいという弱点もあります。
    このU-コンパスでは、ストレングスファインダーの資質からみたあなたの適性をみていきます。
    また、当サイトのアドバイザーとして現役大手キャリアコンサルタントがついていますので、あなたの適性をみた上で、キャリアカウンセリングを受けられることもできます。

    さあ、ここまで読んだあなたはもう大丈夫。
    コンパスを持つ準備はできました。
    あとはその指し示す方向に進むだけです。
    あなた自身のゴールまで私たちがサポートします。
    あなただけの地図を広げて、ここから出発しましょう!