スタバのお姉さんのひとりごと

2018年を振り返る

新年あけましておめでとうございます。

みなさんの振り返り記事を見て、私も書きたくなってきたので、振り返り記事を書いてみたいと思います!

むーちゃん
むーちゃん
本当は1ヶ月ごとに振り返りたいけど、記事が長くなりすぎるので、3ヶ月ごとに振り返るよー!

1月〜3月 まさかの関東逆戻り!?

親方(旦那)が静岡から東京への転職を決意。

理由はたくさんあるけれどもやっぱり1番大きいのは東京でもう1度花を咲かせたいという本人の意思。

転職エージェントおやかた
転職エージェントおやかた
無事に人材大手P社に入社。この辺は「とある転職エージェントの裏話」で暴露しますw

ただ、私のスタバでの引き継ぎが5月。

親方も引越しのハイシーズンである4月入社を避け、5月入社の予定で動いていたらまさかの二日後に退職しろ宣言

とても大手人材会社とは思えない発言ですね。

そんなこんなでスケジュールが全て前倒しになり、静岡で永住するつもりで買った一戸建てを1年も立たずに売却。

売却先の予定も立たないまま、親方だけ先に上京。

バタバタしすぎてよく覚えてない期間です。

やたら銀行に行ったり、役所に行った気がします。

4月〜6月 千葉へ引っ越し、そして・・・

そんなこんなで親方だけ上京したので、5月まで私は一人暮らし。

正直大きい一戸建てに私一人で暮らすのは寂しい気持ちも大きかったのですが、1番堪えたのは大きい一戸建てにソファー一つだけという状況

1ヶ月だけだし、その間に家を買いたいという人がいつでも内覧にこられるようにできるだけ家具を減らす必要がありました。

そのため、テレビもテーブルもなし。

最初は「どうせ寝るだけだし、大丈夫でしょw」と余裕に構えていたら、出勤前とかやることがなさすぎて、ずっとYouTubeを見る生活。

あっという間に通信制限に引っかかり、毎日のようにギガを買い足して、なんとか1ヶ月生活できました。

私の異動先のお店も決まり、(ずっと働いてみたかった店舗!)6月から勤務開始。

しかし待っていたのは地獄の日々でした。

6月〜8月 キラキラの生活のはずが・・・でも人生を変える出会い

私は新しい勤務先でスタート。

しかし、店長同士の連携がうまく言っておらず、異動三日目からシフトコントロール

当然うまくできないわけで、そこからは全てのPTRに「新しくきたむーちゃんって仕事できないんだ・・」と認定され、私が何か改善案を言っても基本的に無視。

与えられる課題が高すぎて、とにかく毎日泣いていました。

そんな日々を送っていたら当然のごとくうつ病が再発。

やっぱり私にスタバはもう合わないんだ!これからはフリーランスとして生きていこう!と異動して2ヶ月で退職。

こうして晴れてフリーランスになった私ですが、待っていたのはさらに地獄の日々。

これはフリーランスになった人が必ず、ぶつかる壁だと思うのですが、最初ってとにかくやることないんですよね。

記事を書いても、pvが伸びない。

しかも、知らない土地で、帰ってくる親方は毎日23時過ぎ。

一人ぼっちが寂しすぎて、毎日親方に「なんで早く帰れないの!」と喧嘩ばかりしていました。

そんな中、「スタバ 辞めたい」で検索したブログのナナメドリさんが書かれていた記事から、ストレングスファインダーを知ります。

初めは簡単な診断テストだと思っていて受けて見たのですが、受けた時は本当に相性占いみたいな感じで、「当たってるー!」だけで終わっていました。

だけど、有名ブロガーさんたちがただの相性占いだけで、こんなにブームになるはずがない!ととりあえず、ネットで情報をチェックしていると、「自分コンパス」に出会い、自己理解を基盤とするコミュニティ#Meeeラボを知ることに。

スタバ以外にコミュニティを作りたいと思っていた私。

迷わず参加を決めました。

なぜか「参加しなきゃ人生後悔する!」と直感が働き、嘘をついて仕事を早退し、Meeeラボの外部向けセミナーに参加しました。

待っていたのはとても優しい世界。

あわせて読みたい
Meeeラボに入った理由とその変化。オンラインサロンに実際に入ってみた!みなさんはオンラインサロンについてどう思いますか? ちなみに私は「なんとなく入った」組ですので、「このサロンで何かを成し遂げてやる...

ストレングスファインダーは自分の強みを伸ばしていくツールです。

必然的に自分では当たり前に思っていたことを、みんなから褒めてもらえる。

みんなが34資質を共通言語として、互いの違いを褒めあう文化。

ストレングスの素晴らしさを知った2018年になりました。

<9月〜12月 そして再び・・・>

しばらくはMeeeラボのみんなとzoomしたり、スレッドで会話したり、ディズニーの年パスも持っていたので、ディスニーに通いつめたり。

とにかく自分の「好きなこと」ばかりしてました。

なのにどこか満たされない、自分って本当にこれでよかったのかな。

自然とスタバの求人情報を見ている自分がいて。

でも自分は卒業したんだと言い切ったから、おいそれと戻るわけにもいかなくて。

そんな時、ディズニーのハロウィンパレードをいい席で見るために、昼のレギュラーパレードを見ていました。
(ディスニーのシーズンパレードは、ガチでいい席でみたいなら、このパレードから席を取っていないと見れないのです。これもまた記事にできたらいいなぁ)

そんないつも見ているような、人によっては見もしないパレードの妖精の言葉が私に入ってきたのです。

あなたは夢を信じるかしら。
どんな夢も願いから始まるの。
強く願えばきっと夢は叶うわ。

夢はどこまでも、僕らを連れて行ってくれるよ!

これを聞いた時号泣しました。

私やっぱりスタバが好きなんだって。

答えはすごくシンプルだったのに、私はそこから逃げていたんだって。

号泣しながら、その場で前から気になっていたお店に応募しました。

今も、そこで私は働いています。

自己理解のおかげで、自分の特徴をわかった上で、仕事に復帰したので、お店との相性もよかったの、みるみるうちに復活し、現在は正社員へのお話までいただけるようになりました。

ここまで採用されてから3ヶ月とかしか経ってないのに。

改めて自己理解の必要性を知り、もっと自分を高めたいと思っています。

2019年に向けて

これまでを振り返りましたが、自分で書いてても濃い1年だったなと思います。

そして2019年はもう迷わず、シンプルにスタバで結果を出すことそして、U-コンパスの充実の2点に絞ろうと思います。

今まで自分の発信の方向性を迷っていたのですが、検索結果にも反映されやすく、ニーズの高い「スタバでの働き方」にフォーカスして、記事を書いていきたいと思います。

まずは、有料noteで「スタバで働く理由」を出してみようかな。

あんまり有料noteって好きではないのですが、(公平性7位が邪魔をして、お金をいただくにはそれなりの価値があるものを!と思っていたのでw)スタバのお姉さんが書く、スタバで働く理由ってこれからスタバで働きたい人に取っては価値ある情報だと思うので。

長々と画像もない記事にお付き合いいただきありがとうございました。

毎日更新!はとても難しいと思いますが、なるべく合間合間に書いていきたいと思います。

これからもU-コンパス、並びにむーちゃんをよろしくお願いいたします。