ストレングスファインダー/自己理解

始めての資質読み込み!旦那のストレングスファインダーからコーチングをやってみた!

昨日初めてここまでの自分のストレングスファインダーの知識を元に、他者へのコーチングをやってみました!
といっても旦那なんですがww
でも普段の行動パターンはイヤというほどわかってるし、私があまりにもSFにハマってるので、旦那も興味を持ったみたいで、TOP5の資質を出したので初めて資質を使ってコーチングをやってみるにはちょうどいいなーと思ってやってみました。

改めてうちの旦那(初クライアント!)のデータ紹介

30代前半、男性:キャリアコンサルタント
上位資質:1、最上志向
2、適応性
3、未来志向
4、親密性
5、自己確信
悩み事:やらなければならないことをついつい後回しにしてしまい、期日に間に合わなく仕事もプライベートも迷惑をかけてしまっている。
資質についてまだ、理解が浅い。

私がやったこと

・クライアントの資質理解
私自身全資質への理解が深まってないので、ざっとではあるが、彼の持つ資質について本と自分コンパスの記事を元に理解。
また、コーチングなので、資質を使って彼の課題解決ができないかどうかを図る。

実際のセッション

まずは、彼に資質とは何かを説明。
彼としては、まだ資質が自分の行動にどう現れているかわからないとのことだったので、各資質について例を交えながら説明。
→例:最上志向
本人は最上志向と聞くと「仕事の質を極限まで高めるとかやったことない」結構適当だし」とのこと。私(コーチ)からは彼の学生時代やっていた塾講師のアルバイトを例に説明。
彼はテストで0点の子を80点にするのには興味がなかった→なぜなら80点は基本的に教科書を読めば誰でも取れるようになってるし、そこに興味はない。どちらかというと80点の力を持っている子をいかに100点に近づけるかに興味がある→それって最上志向じゃん!みたいな感じで資質を深めていきました。

また、彼が提出期限が守れない理由もSFを用いて説明。彼は最上志向×適応性を持っているので、自分の興味ないことはやらないし、マルチタスクが得意なので、例えば土壇場にやったとしても間に合ってしまうところに原因があるのではないかと考えた。
間に合う場合は、問題ないがやはりなんの計画性もなしに自分の気の向くままに物事をやってしまうとどうしても間に合わないものも出てきてしまう。今回はそれが続いてしまったんだねと言う結論に至りました。

セッションをやってみての感想

まず、自分の上位資質以外の資質の読み込みが難しいと感じました。自分の上位資質はストレングスファインダーを読んでもすっと入ってくるのですが、下位資質だとイメージもなかなかつきません。
なので、セミナーや勉強会を通して自分の下位資質については理解を補えるのではないかなと思います。
ただ、あなたのこの部分にこの資質が使われていると思う!と言う部分に関してはものすごく楽しかったので、やはりストレングスファインダーは自分に向いてるし、これを仕事にできたらどんなに楽しいだろうとワクワクしました。

あと、資質の読み込みができても、それを具体的な解決策まで落とし込むのが難しいと感じました。
これは単純に自分の解決策の引き出しが少ないに等しいと思うので、いろんな人のセミナーやコーチングを受けて実際の自分の引き出しを増やしていけば、よりその人に納得感を持ってもらえるように自己理解と同時進行で他己理解を深めていかなければいけないなと感じました。
あと、自分コンパス内のこの記事も使えそうなので、これも利用していきます。

まだまだブラッシュアップが必要。
でもそれが「自己理解」と言うことなのかもと最近理解してきました。